ボヘミアン・ラプソディ 感想

ボヘミアン・ラプソディという映画をレイトショーで観に行くことになり、夜中の九時から映画館に行った。夜中の駐車場は肌寒く、止まっている車も少なかった。映画館の中に入っても、人は多くなく、ほとんど真ん中の席に座り、映画を視聴した。そんな温度や静けさも、家のテレビで見るのとはまた違う映画の良さかもしれなかった。

ボヘミアン・ラプソディは、イギリスの伝説的バンド“QUEEN”をモデルとした作品だった。結果から言えば、非常に良い物語だった。この映画で描写されたシーン全てが真実かはわからないが、忘れがちだが本当に大切なことを私は再認識させられた。それは、『人と人との本物の繋がりの大切さ』である。

フレディは移民でザンジバル革命からイングランドに逃げてきた家族の一人である。パキボーイ(パキスタン系の人種を差別する言葉)と周りから罵られていた彼は、父親からゾロアスター教の「善き思い、善き言葉、善き行い」を求められていたが、それを無視して、自由に生きていた。ある日、バンドのボーカルが演奏者であるブライアン・メイとロジャー・テイラーに嫌気がさしてバンドを抜けるところにフレディは遭遇し、抜けた穴埋めとして彼はバンドメンバーに加わった。また、綺麗なドレスを身にまとったメアリーにフレディは魅了され、彼女と恋人関係となった。そして、バンドQUEENはメンバーの才能と努力とともに成功を収めていった。そんな中、フレディが自分がゲイであることに自覚していき、婚約中のメアリーにありのままの自分を知ってもらうため、「自分はバイセクシュアルだ」とメアリー告白した。メアリーは「知っていた。あなたはゲイよ。」と、深くフレディのことを理解していた。フレディは彼女と別れることになったが、メアリーと向かいの家に住み、メアリーへの思いは残っていた。フレディに好意を寄せていたポール・プレンターはフレディがゲイであることの理解者だった。ポールはゲイの為のパーティなどもフレディの為に開催していた。ゲイ疑惑が浮上していたころ、フレディはメンバーと反りが合わなくなり、メンバーにフレディは心無い言葉を浴びせ、バンドを脱退し、多額の報酬を提示されていたソロ活動を行うこととなる。ゲイパーティやソロ活動の疲労でフレディは心身共に憔悴していった。そこに、フレディの悪い夢を見たことを理由に妊娠したメアリーがフレディの前に現れた。妊娠についてフレディが困惑し、口論になったが、別れ際にメアリーは「家に帰ってきたらどう?ここはあなたがいる場所ではない」とフレディに助言した。メンバーとのライヴエイド(20世紀最大のチャリティコンサート)への参加の依頼をポールがフレディに黙っていたこともメアリーから聞き、フレディはポールと決裂することになる。ポールはメディアにフレディのゲイである面を暴露し、フレディは自分の過ちを認識する。ライヴエイドへの参加のために、メンバーに謝罪し、もう一度一緒にやってもらえるようにフレディは依頼する。フレディは自分がエイズであることをメンバーに告白する。ライブエイド前、父親にチャリティーコンサートに参加することを伝え、「善き思い、善き言葉、善き行い」を自らが行ってくると父親に示した。フレディは父親とハグする。そして、ライブエイドのシーンで映画は終わった。

この映画で感じたのは、どんな天才や有名人でも、自分を支えてくれる本当に信頼できる人々が必要だということだ。恋人でいられなくなった後も、体を気にかけてくれたメアリーや、飛び出した後も受け入れてくれたバンドメンバー、そして、両親たちだ。人が帰る場所とは、その人が本当に信頼できる人たちのことなのだと再認識した。灯台下暗しという慣用句を思い出す。本当に大切な人は身近にいるのだと思う。利用してやろうとか、上辺だけとか、そんな繋がりだと悲しい。温かみのある本当の繋がりが人を助けるのだと心底思った。

広告